クラウドサービスとは?
2005年09月 第110冊
許光俊『世界最高のクラシック』

許光俊  『世界最高のクラシック』  光文社新書

読書感想は独立分家し、別のメルマガで細々とやっておるんですが、
クラシックに関する書籍については、弊紙メルマガでも採り上げてみようと思います。
本が好きじゃ無い人はウザッタイだろうけど、本の持つ力って侮りがたいんですよ。

さて、久々に採り上げまする「クラシック系書籍」。
最近元気のいい光文社新書より出ている、許さんの本。

この人の文を読むとホント感化されてしまうのですが、ペンの持つ力って
大きいわ。
さすが、慶大助教授。

私の拙文では、どうにもこうにも音楽シーンは全く変わらないのですが、
この人の文を読んでいると不思議に聴きたくなってくるんだから、
凄い力だ。

おそらくこの人が音楽評論界に現れてから、だいぶ風向きが穏やかじゃなくなったもんね。
それに我々クラ・ヲタ内でも賛否両論。
こういう人と文が、世の中を面白くする。

本書を読んで実際、
セル&クリーブランド管のベートーヴェン第4&8番。
ヴァント&BPOのブルックナー第8番。
バーンスタイン&ニューヨーク・フィルのチャイコのロメジュリ...。

などなどを買った。

セルと云えばドヴォルザーク。
ヴァントと云えばブルックナー。
バーンスタインならマーラーが相場。
こんな固定観念はないだろうか?

しかしセルのベートーヴェンはこうだ、バーンスタインのロメジュリはああだ、と
旨い蕎麦屋では天麩羅こそ食うべきだといった風に書かれると、
喰わずにいられなくなる気持ちにさせてくれる。
そうなんだよね、うまい蕎麦屋は「いたわさ」なんかもうめぇんだよね。

残念だったのは、舌鋒がマイルドなこと。
小澤征爾やカラヤンも採り上げているのだが、著者が意外な一面に気づいた文面になっており、
一刀両断されている可哀想な指揮者はいない。
カラヤンのブル9と日光の滝の比喩などは、表現の旨さが格別に現れているところだ。

本書では上述の指揮者以外にもフルヴェンから初まって、
トスカニーニ、ワルター、クナ、ベーム、ケンペ、ザンデルリンク、
クライバー、ロジェベン、フェドセーエフ、ブーレーズ、ミュンフン、
バティス、クレンペラー、チェリ、ケーゲル、テンシュテット、インバル、
アーノンクール、ブリュッヘン、ラトルと、思いつくほとんどの指揮者が
論じられている。

ここで採り上げられ切れなかった指揮者は「生きていくためのクラシック」
で上げており、こちらも早速購入した。
それくらい面白い本なんです。

追記。
これだけよく「わかって」聴いている人でも、未だに気づいていない名盤が沢山ある。
それを我々クラ・ヲタは楽しんでるんだから、クラシックとはなんとも極上な遊びなもんだ。






inserted by FC2 system