クラウドサービスとは?
2007年12月 第248冊
宮武外骨  「明治奇聞」  河出文庫

宮武外骨  「明治奇聞」  河出文庫

宮武外骨(みやべ・がいこつ)と読むが、驚くことに本名。
我が児を「がいこつ」とは、凄いネーミング。
大杉栄の長女は「魔子」だったそうだから、昔も名前は凝っていたのか。

最近の子供の名前は、想像を絶しているからね。

外骨は大正時代、敢えて明治を研究した人。
いまの平成の我々が三丁目オールウェイズなどと
懐かしんだり懐古したり、似ているのかも。
しかし明治ほど日本が大回転した時代もなく、
ここに逸早く目を付けた所が凄い。

本書は「明治奇態流行事情」「明治ことはじめ」「明治名数集」
「明治新政府の怪」「明治演説史」「新聞雑誌の新想案」「震災画報」からなる。

一つでも気になる章があれば、買って損はなし。
山田風太郎が好きな私には、明治はとっても魅惑的。
これからは明治モノが時代小説の一角に喰い込むんじゃないか、
と独り考えてます。






inserted by FC2 system